top of page

新型コロナウイルス アメリカ入国制限と対象国の最新情報

アメリカ政府は入国時に義務付けていたPCR検査による陰性証明書の提示を2022年6月12日に撤廃しました。

現在ハワイを含むアメリカへ渡航する際は、ワクチン接種完了証明書(海外渡航用の新型コロナウイルスワクチン接種証明書)の提示が必要です。 また、2023年1月5日より中国籍および過去7日間に中国・香港・マカオで滞在歴がある方は、ハワイを含むアメリカ入国時にPCR検査による陰性証明書の提示が求められます。検査は出発前2日以内に行い、2歳以上の渡航者が対象となります。 入国制限の対象国は今後の感染状況により変更となる場合があるため、渡航の際は米国政府および大使館・総領事館の最新情報をご確認ください。

1. 英語で記載された「ワクチン接種完了証明書」を取得 これまでアメリカへ渡航する際は「出発前1日以内」に行ったPCR検査による陰性証明書の提示を必須としていましたが、現在は不要です。

日本からアメリカへ航空機で入国する方は、英語で記載されたワクチン接種完了証明書(海外渡航用新型コロナウイルスワクチン接種証明書)の提示が求められます。渡航する際はワクチン接種完了日から14日間以上の経過が求められ、該当しない方は航空機への搭乗が認められません。 また、渡航前に以下の書類提出も必要となります。

CDC(アメリカ疾病予防管理センター)指定の宣誓書 CDC(アメリカ疾病予防管理センター)への情報提供書

2. 日本への帰国・入国時に求められる措置を確認 日本政府は2022年10月11日より水際対策を大幅に緩和しました。アメリカから日本へ帰国・入国する方は、ワクチン接種の有無を問わず空港での新型コロナウイルス検査と自宅等での自己隔離は不要です。なお、全ての帰国・入国者に求めている3回のワクチン接種証明書、または出国前72時間以内に行ったPCR検査による陰性証明書の提示措置は今後も継続となります。

ファストトラック利用のためVisit Japan Webへ登録 日本へ帰国・入国する方は「ファストトラック」の利用を目的として、「Visit Japan Web」への登録が求められます。「Visit Japan Web」は検疫・入国審査・税関申告を行うウェブサービスで、「質問票」「新型コロナウイルス陰性証明書またはワクチン接種証明書」の事前登録により空港における手続きの簡素化が可能です。 なお、11月14日よりファストトラックは「Visit Japan Web」に統合されました。これまでの「My SOS(入国者健康居所確認アプリ)」は同日より利用できないため、ハワイを含むアメリカから帰国・入国する方は「Visit Japan Web」への登録が必要です。 公共交通機関の利用について アメリカから帰国・入国する方は、空港より全ての公共交通機関の利用が認められます。詳細は「アメリカから日本へ帰国・入国する際の注意点」をご確認ください。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page